洗顔の仕方が原因になっている事も?

間違った洗顔は百害あって一利なし

大抵の人は、一日に朝と夜の二度、洗顔をすることが多いと思います。メイク落としと洗顔が別の場合には、更に回数が増えることになりますよね。もし、この洗顔の度に間違った方法で負担をかけていたら、肌が弱くなり、トラブルを引き起こし易くなってしまうのも時間の問題と言えます。当然、ニキビ対策にも逆効果です。ニキビが出来ている場合に見られる間違った洗顔の特徴としては、必要以上に力を入れて肌を擦ってしまったり、ついつい長く洗顔を続けてしまうと言った点が挙げられます。油分が多いと感じてしまうのか、よりサッパリしたいと思ってしまうのか、気を付けている人ほど余計に力が入ってしまったり、無意識に行っている場合も珍しくありません。直接、手で肌を触れない様に洗顔料をしっかり泡立てること、そしてニキビが出来ている部分ほど、刺激を与えない様、優しく洗いあげることが、洗顔のポイントになります。

洗顔料の選び方も大切です

ニキビの出方や数にもよりますが、洗顔料を選ぶ際はニキビにだけ注目をせず、しっかりと肌全体の状態を加味することが大切です。ニキビ専用の洗顔料は、洗浄力が強い場合もあります。確かに、ニキビが出来ている部分は油分が多いかもしれません。けれど、他の部分が乾燥気味な場合、ニキビ専用の洗顔料では強過ぎ、刺激になってしまうことも考えられます。健康だった筈の肌が弱ってしまい、更なる肌トラブルを引き起こしてしまっては意味がありません。逆に、オイリー肌で、ニキビが出来ていない部分もべたついているという場合には、洗浄力が高くても良いかもしれません。また、ニキビが一箇所に集中しているなら、ニキビが出ていない部分と洗顔料を使い分けるというのも一つの手です。いずれにしても、ニキビだけに目を向けず、肌全体の状態から洗顔料を選ぶことが大切になります。