これでニキビが改善できる?おすすめの洗顔法

そのニキビ、洗いすぎが原因かも?

ニキビが気になると、いつもよりもしっかり洗顔したくなりますね。実は、そのニキビがなかなか治らないのは、洗いすぎが原因かもしれません。洗顔に時間をかけすぎると、肌に必要な油分が失われてしまいます。それにより、肌は新しい皮脂膜を作ろうとして、余分な皮脂を分泌することで、さらにニキビができやすい状態になってしまうのです。
とはいえ、1日外で過ごした肌はホコリやメイクで汚れていますので、夜は洗顔料が必要になります。
そこで、朝だけはぬるま湯での洗顔に挑戦してみてはいかがでしょうか。就寝中に出た皮脂やホコリは、人肌程度のぬるま湯で十分に落とすことができますので、洗顔後はいつも通りのスキンケアでOKです。ぬるま湯洗顔の前に、手を石鹸で洗うと、雑菌が肌に付きにくくなるのでおすすめです。

洗顔料はよく泡立てて、ニキビ対策!

さて、朝の洗顔はぬるま湯でOKですが、夜の洗顔は、肌の潤いを守りつつも、汚れはしっかり落としたいところ。なるべくニキビを刺激しないように、界面活性剤や、香料、添加物の含まれた洗顔料は避けたいですね。昔ながらの純石鹸は、肌の潤いを落としつつ、優しく汚れを落としてくれます。石鹸に抵抗のある方は、ニキビ対策用で、自分の肌に合った洗顔料を選びましょう。
どんな洗顔料を使うにせよ、よく泡立てることが大切です。100円ショップの泡立てネットもおすすめです。たっぷりの泡で、こすらずに優しく、汚れだけを浮かせるイメージで洗いましょう。洗顔前に入浴して毛穴を開かせておくのも効果的です。洗い流すときは、熱いシャワーではなく、ぬるま湯で流しましょう。