睡眠も大切!生活習慣も見直してみよう

ニキビを防ぐには睡眠が大事

仕事のストレスなどで、額やほほなどにニキビができて悩んでいる方は少なからずいるものです。ニキビを治すためには、洗顔をきちんと行う事・市販の治療薬を使う事が大切だと思われがちです。しかし、きちんと質の良い睡眠を取る事もそれに劣らず重要と言われています。その理由は、ダメージを受けた肌は睡眠中にケアされるからです。したがって、睡眠が不十分だと肌のケアする力が低下してしまいます。また、睡眠不足が大きなストレスとなって交感神経が活発になるため、皮脂の過剰分泌を招いてしまいます。さらに、肌から柔軟性が失われ、角栓が詰まりやすくなってしまうのです。その結果、角栓で詰まった毛穴に皮脂が溜まってしまい、ニキビが発生しやすくなるということです。

ニキビを改善する睡眠のコツ

ニキビを改善して美肌維持ためには、肌のゴールデンタイムに睡眠を取ることが大事です。そもそもゴールデンタイムとは、肌再生を促す成長ホルモンが分泌されやすい時間帯のことです。成長ホルモンが分泌されると、肌のターンオーバーが促進されて古い皮膚を新しい皮膚に生まれ変わらせてくれます。二キビがある古い皮膚が剥がれ落ちるので、美肌効果を得るためには不可欠な存在といえます。
このゴールデンタイムは、基本的に入眠から3時間から4時間の間である事が分かっています。つまり、きちんと質のいい睡眠を取る必要があるため、ベッドに入る2、3時間前に入浴して身体を温めるといいでしょう。すると、数時間後には体温が下がってくるので、スムーズに睡眠に入ることができます。